ネイル資格

働きながらネイル資格を取得できました

こんにちわ、ミカりんと申します。私は現在熊本に住んでて、会社の事務職として働いてきましたが、以前から美容関係の仕事に強い興味を抱いていました。

 

特に、指先の美しさをアップしてくれるネイルの魅力に取り付かれてしまい、思い切ってネイル資格を取得できる通信講座に入会してみることに決めました。

 

平日の日中は事務の仕事をして働きながら、夜や休日を利用してネイル資格の勉強に取り組みました。

 

夜間などの空いた時間を有効に活用して、無理なく効率的に学ぶことができましたので大変満足しています。

 

通信講座では、経験豊富な講師が、こちらの疑問点や質問にもきめ細かくスピーディーに対応してくれました。

 

そのため、時間のロスもなくネイル資格試験の勉強に専念することができたのです。

 

 

会社で働きながら学ぶことが可能なネイル通信講座は、私のライフスタイルにとても合っていて、この方法を選んで正解だったと今では感じています。

 

人それぞれ異なる爪の形や色、硬さなどを見極めて、その人に最適のケアや施術を行うネイルサービスは、お客様から感謝される非常にやりがいのある仕事です。

 

働きながら努力を続けることによって、無事にネイル資格を取得することができました。

 

頑張って本当に良かったと実感しています。

 

 

もっとスキルを磨いて、これからのさらなるキャリアアップに役立てていきたいです。

 

全てのお客様が美しくなるサポートができる職種として、今後も努力を重ねていきたいです。

 

ネイル資格をとるなら、専門的な知識や技術を吸収できる講座が便利ですヨ^^

ネイル資格をとるのは大変でした

結婚以来、ずっと、専業主婦をしていたのですが子育ても落ち着いたので、手に職をつけて就職しようと考えました。

 

おしゃれに関心が高いことと、昔から、手先が器用だったこともありネイル資格の取得を目指すことにしました。

 

 

独学でも可能だったのですが、いち早く合格し、働きたい気持ちが大きかったのでスクール通うことにしました。

 

費用は高かったのですが、ネイル資格があると自宅でサロンを開くこともできるので将来の為と思い、夫に頼み込んで投資することにしました。

 

 

スクールは自宅に近いところに行き、少人数制のところでレッスンを受けました。

 

 

そこで、サロンで働くことのできる2級の資格を目指しました。

 

 

自分でもネイルをするのが好きだったので簡単にできると考えていましたが、実際やってみると大変でした。

 

 

なんといっても、細かい作業の連続なので、肩こりや目が疲れてしまいます。

 

 

それに、自分の爪にやるのと、人の爪にやるのとでは全然感覚が違うのです。

 

 

でも、先生にコツを教えてもらったり、同じ仲間と励ましあってなんとか無事に資格を取得することができました。

 

 

学校を卒業してから何年もたっていたので、技術もさることながら、知識を頭に入れるのがなかなかできなくて大変でした。

 

 

大変な思いをして得た、ネイル資格でしたが、今は自宅近くのサロンで働くことができました。

 

 

ここで、勉強と経験を積み、今度は1級にチャンレンジしていつか自分のサロンを持ちたいと思います。

 

自宅でのネイル資格取得について

ネイル資格は、自宅でも取得することができます。

 

有名なものは、通信講座などであり、安価な値段から通信講座をうけることができます。

 

ネイリストはとても華やかな職業であり、また爪を磨いて、綺麗にすることが大好きな女性が多いため、とても魅力的な仕事のひとつでもあります。

 

実際に、ネイリスト、ネイル資格を持っている人に施術をしてもらって、嬉しい!という女性がたくさんいます。

 

自宅では、たとえば育児の片手間にこのようなネイル資格を取得することもできます。

 

通信講座の場合には、時間などが関係ないため、自宅でも、気軽に勉強をすることができるのです。

 

また、ネイル資格は持っていると、ネイリストとして就職する際にも、知識などいろいろな方面で役に立ちます。

 

または、ネイリストとして、仕事をしたいために、通信講座などでしっかりと勉強をしている人もたくさんいます。

 

ネイリストは、女性のあこがれの職業のひとつであり、また、手先が器用な人でなければなかなか難しい仕事でもある一方、とても可愛いネイルが出来上がることから、若い女性も好きな仕事の1つです。

 

また、自宅で開業をおこないたい!という人にとっても、ネイル資格はあればよいものであるため、自宅での仕事に向けて、ネイル資格を取得する人もいます。

 

自宅で開業する場合には、場所なども必要ですが、女性にとっても癒される空間であるため、おしゃれな女性が就職することが多い仕事となっています。

ネイリスト検定1級は難しかったです

まだ、独身でお金があるうちにいろいろな資格を取得しておこうと、働きながらネイルスクールに通いました。

 

会社近くのサロンに、週に2回ほど通い、順調に3級、2級と取得してきたのですが、やはりネイリスト検定1級は難しかったです。
サロンでは時間を計りながらモデル練習を1回3時間ぐらいやりました。

 

はじめのうちは、焦ってしまいなかなか時間内に完成することができませんでした。

 

 

そこで、「やはり練習が第一」と考え、行けるときには何回もスクールに足を運びました。

 

 

また、自宅でも、アートの練習を3時間ぐらいできるだけ毎日やりました。
ネイリスト検定1級の試験の前日まで半年間こんな感じの生活が続き、「ネイル」のみの生活を余儀なくされました。

 

一回目は準備不足で落ちてしまったので、今度は必ず受かりたくて必死でした。

 

ネイリスト検定1級は2級や3級とは違い、時間が長いのと、削りが多いので肩や手が疲れてしまうので体力的にもきつかったです。

 

途中、練習を頑張りすぎて腱鞘炎の手前のような状態になってしまいました。

 

1級は技術もさることながら、「仕上がり重視で」見た目の印象も大事なので、手や爪の綺麗なモデルを探すのにも苦労しました。
幸い、一緒に働いている同僚に適した方がいたので、モデル探しが思ったより早く見つかり助かりました。

 

 

モデルの拘束時間が長かったので、彼女にも感謝しています。
とにかく、ネイリスト検定1級合格には、練習に次ぐ練習あるのみでしたね。

 

もう疲れたので、とりあえずビールでも飲むことにします(笑)